ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の痛みは井野駅前整骨院へ

ジャンパー膝

CONTENTS

ホーム > ジャンパー膝

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

◇ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)とはスポーツによる使い過ぎで膝のお皿の周囲(膝蓋腱付着部,大腿四頭筋腱付着部)に痛みが出る障害です。バレーボールやバスケットボール、陸上、サッカーなどでジャンプや着地動作を頻繁に行うスポーツに多く見られます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の治療は、電気治療、マッサージ、湿布、テーピングなどが一般的です。確かにそれらの治療でも痛みの軽減はできますが回復までにはかなりの時間を要します。そこで当院では以下のような手順で施術を進めていき早期の回復を目指します。
  • (問診)これまでのスポーツ活動の頻度、練習方法や日常生活での癖、既往歴などを詳しく伺います。

  • (姿勢分析)体のどの部分に問題があるのか判断する為と施術の経過がわかるように写真を撮ります。(静的アライメントのチェック)
  • (触診)筋肉の状態や関節の動きを把握する為の触診と足関節、股関節などの可動域測定を行います。(動的アライメントのチェック)
  • (手技療法)ジャンパー膝の原因となっている部位に対して手技を用いて施術を行います。必ずしも膝だけではなく足首、股関節、骨盤など体全体を診ていきます。痛みを伴ったり無理な力を利用しての施術ではありません。また必要な人にはリアラインバランスシューズ(効果的かつ安全に下肢動作を矯正し筋肉を鍛える運動補助具)を用いて軽いエクササイズを行います。

  • (自宅ケアの指導)その子に合った自宅でのケア方法を指導します。毎回施術後にお渡しする「自宅ケアチェック表」にケアを行った時間を記入して次回来院時に持ってきてもらいます。しっかり教えた通りに自宅でのケアを行えるお子さんは回復が早いです。ジャンパー膝は他人にしてもらう施術だけでは回復しません。本人の努力も必要です。
※当院で勧めている自宅ケアをしっかり身につければ、仮に再発してもある程度の痛みは自分で克服できるようになります。

軽度であれば1、2回の施術で痛みが軽減します。重度の場合は施術期間が長期になることもあります。(通院は週に一日)

施術期間中は基本的にはスポーツ活動を休止していただきます。(できるだけ早期に回復していただく為に)スポーツ活動を続けながらの施術では結果的に本来のパフォーマンスを発揮できない期間が長くなります。※症状により、少し時間はかかりますが運動を続けながらの施術も可能です。

ジャンパー膝の特別施術は完全予約制です。
初診時のみ19時30分からになります。
2回目以降は通常の受付時間内での予約になります。
(施術時間は25分程度、初診時は50分)


施術料金  2500円+窓口負担

いろいろな治療をしたけど症状が改善されない方、ご相談下さい!
痛みを取り、再発しにくい体にします!


◇受付時間◇ 

月~金曜日
 8:30~12:00 
15:00~19:30

土曜日

 8:30~13:00
    
 ※予約優先制です

休診日  日曜日 祝祭日

 027-384-8283


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら


詳しくはこちら

ページ上部へ